読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日一日の区切りで生きる

道は開ける

我々にとって大切なのは、特にぼんやりと存在しているものに目をやるのではなく、目の前にあるはっきりと存在していることに注意すること。

そのためには、「今日一日の区切りで生きる」ことが大切。

 

過去と縁を切る。明日の重荷に、昨日の重荷を加えて、それを今日背負えるほどに人間は強くない。過去と同様に未来もきっぱりと切り離す。未来とは今日のこと。明日など存在しない。

 

明日の準備をする最良の手段は、今日の仕事を全力で行うこと。

 

そうはいっても、将来のことを全く考えないで過ごすわけにはいかない。

明日のことは配慮すべきこと、考えておくことではある。ただし心配したり、ましてや悩むことではない。

 

今日という日は、もう二度とめぐっては来ない。人生とは、生きることの中、毎日毎時間の連続の中にある。