読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲労と悩みを予防する4つの習慣

道は開ける

『道は開ける』より

毎日の生活の中で疲れないようにすること、悩まないようにするためには、簡単な4つのテクニックがあります。

 

その1:机の上に書類を山積みにしないこと

よくある光景ですが、しなくてはいけない書類を机の上に山積みにしておくこと。これはかえって仕事の能率を下げます。

なぜなら、しなくてはいけないことが無数にあるのに、時間がないという強迫観念にかられ、緊張と疲労に追いやられるからです。

効率的に仕事をするためにも、机の上は今している仕事のみに。必要な書類はその都度取り出すようにしましょう。

 

 

その2:重要性に応じて問題を処理する

人間は必ずしも問題をその重要性に応じて処理していません。できること、やったことがあることから処理していく傾向があります。まずは一番大事なことを最初に処理するようにしたほうが、行き当たりばったり寄りは効率がいい。

 

 

その3:決断を先送りしない

仕事のアポを取るとき、何か決定しないといけないときなど、問題に直面した時はその場その場で結論を出すようにしましょう。後から考えてから・・・というのは、精神的な負担になるだけです。できる決断はその場その場でするようにこころがけましょう。

決めなければいけないこと、やらなければいけないことが減ることで、精神的な負担が軽減します。

仮に決断するに十分な情報がないときは、「今は決断しない。必要な情報を集めてから、改めて考える」という決断をして忘れることです。

 

 

その4:他人に任せてしまう

多くの人は他人に任せることをせず、なんでも自分でしてしまいがちです。あなたの仕事を誰かに任せたからと言って、仕事がなくなることはありません。また別の仕事が、または職場があなたを待っています。

変な心配をしなくてもいいので、任せる仕事は任せましょう。

仕事は大切ですが、やりすぎると早死にしてしまいます。